ふれーゆ裏でタチウオ新釣法【タチフロート】を試してみた結果!?

オススメ釣り具

2019年10月23日夜、ふれーゆ裏にタチウオを狙いに行ってきました。

今回は、新釣法【タチフロート】を試してみました!

ふれーゆ裏でタチウオ新釣法【タチフロート】を試してみた結果!?

アイキャッチ画像撮影 : tsuriroman

釣り場到着は18時過ぎ

今の季節、18時を過ぎるともう真っ暗。

撮影 : tsuriroman

夜景が綺麗です。

平日の夜なのに釣り人がけっこういました。

今回のポイントはこの辺

出典 : Google マップ

この辺は後ろにある木々が北風を防いでくれます。

予備でウキ仕掛けも持っていきましたが、この日は北東の風でウキがすぐ右に流されてしまうので、初挑戦のタチフロート1本でやる事に。

前日に釣具屋を探しましたが売ってなかったので、本家のタチフロートを真似て自作してみました。

名付けてロマンフロート!

撮影 : tsuriroman

厳選された材料(あり合わせ)で作り、幾多ものフォールテスト(家のバスタブで)を重ねて作られた自信作です!

※タチフロート、ロマンフロートについては後述します。

フワッと優しく2.30mほど投げ、LEDの灯りが見えなくなるまでフォールさせたらリーリング開始。

タチフロート(ロマンフロート)は、水中のLEDの灯りを目視できるので同じタナを攻めやすいです。

3回巻いて3秒フォールを繰り返して、LEDの灯りがうっすら見えるくらいのタナをトレースしてくると竿先にクンッ!とあたりがあり、鬼フッキングッ!!

フッ、、、。

2投に1回くらいのペースでアタリがあるのになかなか掛からない、、、。

餌釣りなので食い込ませるまでアワセを入れちゃいけないのが頭ではわかっていても、リーリングしてる最中に異常を検知するとどーしても私の鬼フッカーが誤作動を起こしてしまう、、、。

心を無にしてアタリがあっても何事もなかったようにトレースしてくるとグングンッ!と本アタリが!

「オシッ!」鬼フッキング!

やっとフッキングが決まり、引きを味わいながら寄せてブッコ抜きっ!

18時55分。本日1匹目ゲット!

撮影 : tsuriroman

まあまあのサイズF3。

1投目からアタリは多数ありましたが、10投目くらいでやっと釣れました。

食い込ませ方はなんとな〜くわかってきました。

即アワセはまず掛からない。

19時20分。はい2匹目!

撮影 : tsuriroman

20時25分。はい3匹目!

撮影 : tsuriroman

この時点で30バイト3キャッチ、、、。

ん〜難しい、、、。

20時45分。4匹目。

撮影 : tsuriroman

21時45分。5匹目。

撮影 : tsuriroman

アタリまくるので楽しいんですが、餌の消費が激しい、、、。

カミカミされたり、何投かしてると餌がふやけてしまったり、、、。

風も弱くなって来たので、ここで一旦餌節約の為にウキ釣りに変更。

、、、、、。

、、、、、。

ロマンフロートではあんなにアタリがあったのに、ウキ釣りには全然反応しない。

どーやら、ふれーゆ裏のタチウオは巻きに反応がいいみたいです。

ルアーで釣ってる人も、みんな口を揃えて「ただ巻きで釣れました」って言います。

またロマンフロートに切り替えて釣り始めると、バイト多数。

22時20分。6匹目。

撮影 : tsuriroman

楽しすぎる、、、。

撮影も映えを気にする余裕がでてきた。

22時45分。7匹目。

撮影 : tsuriroman

いよいよ餌があと1切れ。

切り身1パックを一晩で使い切るのは始めてです。

最後の1切れで釣った魚はタチウオではなく、、、?

0時50分。8匹目。

撮影 : tsuriroman

40cmくらいあるカマス!

このカマス、匂いがキツくてボラかと思いましたが、一応お持ち帰り。

本日の釣果は、、、

撮影 : tsuriroman

  • タチウオ×7
  • カマス×1

ロマンフロート、初めてでここまで釣れるとは、、、恐るべし、、、。

本家のタチフロートより釣れるかもしれません。

アタリは合計60回くらいはあったんじゃないでしょうか。

食い込ませが上手ければ、20匹くらい釣れてたかもしれません。

翌朝のライトショアジギングまで時間があるので、ビール飲みながらボケ〜っとしようかと思いましたが、蚊がヤバイので一旦片付けて車で仮眠する事に。

朝6時起床

撮影 : tsuriroman

朝は平日なのに、仕事前のルアーマンが多数。

前夜と同じポイントでライトショアジギングを始める。

前日にサワラ80cmが上がっていたらしく期待に胸が膨らむ。

、、、、、。

9時くらいまで投げましたが、バイトなし。

見るかぎりまわりでも釣れてなくてみんな諦めモード。

奥の方から帰ってきたアングラーに話を聞くと「向こうはけっこ〜上がってましたよ!」

な〜〜〜

完全なポイントミス、、、。

出典 : Google マップ

青物はこちら側がいいみたいです、、、。

知らなかった、、、。

風も強くなってきたので、9時納竿。


タチフロートとは!?

タチフロートとは、ハピソンが考案した【かっ飛びボール】と言うLEDのフロートを使った餌釣りになります。

出典 : ハピソン

重さは3タイプあります。

  • SS:スローシンキング 5.5g 7秒/m
  • FS:ファストシンキング 6.0g 5秒/m
  • XS:エクストラシンキング 7.0g 3秒/m

カラーは青・緑・赤の3タイプ。

中でも1番汎用性がありそうなのが、中通しタイプで集魚効果の高い青色LED、オールマイティーな5秒/mフォールスピードのFSタイプ6.0g。

仕掛けもセットになってる物もあります↓

こちらに同梱の仕掛けは、2本鈎なのでキビナゴ用ですね。

ロマンフロートの作り方

今回使った自作タチフロート改め、ロマンフロート!

この自作仕掛けが、かなり調子良かったのでちょっとご紹介。

撮影 : tsuriroman

①まずは強めのハリスを30cm〜50cm用意。光にバイトしてくる事があるので10号(40lb)以上はあった方がいいでしょう。

②1番上にサルカンを結ぶ

③次にLEDウキを通す

このLEDウキは、赤と緑をスイッチで切り替えられます。

基本的には緑をおすすめします。

④次にキャストシンカーを通す

この仕掛けをふれーゆ裏で実際に使ってみたところ、4g〜6gの錘を足してやると丁度いいフォールスピードでした。

タル付きおもり1号(4g)は固定で、キャストシンカー(2g)を着けたり外したりして調整するといいでしょう。

潮が緩い時や風が弱い時は沈みやすいので4g
潮が速い時や風が強い時は沈みにくいので6g

といった感じで状況に合わせて調節します。

⑤最後にタル付おもり1号(4g)を結びつけます

エギングタックルのリーダー→スナップ→ロマンフロート→市販のタチウオ仕掛け1本鈎

市販のタチウオ仕掛け(船用)は、だいたい長さが1.5m以上ありますが、半分くらいに切ってタル付きオモリに直結するといい感じでした。

今回使ったタチウオ1本鈎仕掛けはこちら↓

餌はサンマの切り身を使いました。

餌の付け方はこんな感じ

出典 : ヤマシタ

身→皮→身の順番に刺します。

アタリはあるのに鈎掛かりしない時は逆の順番で皮→身→皮と刺します。

ズレやすくはなりますが、鈎先が身側に出てくるので鈎掛かりはよくなります。

撮影 : tsuriroman

釣りロマン倶楽部一押しのロマンフロート!

是非完コピして試してみてください!

餌釣り上手な人は私より釣れますよ〜

釣れたらコメントください〜


  • ふれーゆ裏の詳しい情報はこちら
  • 太刀魚にオススメのクーラーBOXはこちら
  • 他のタチウオポイント検索はこちら