糸巻き機【スーパーラインマーキー】を買ってみた!

オススメ釣り用品

今回は、私がオフショアジギングなどで使っている バイオマスター8000PG のラインをキレイキッチリと巻き替える為に、【スーパーラインマーキー】と言う糸巻き機を買ってみたので、インプレをしたいと思います!

糸巻き機【スーパーラインマーキー】を買ってみた!

アイキャッチ画像撮影 : tsuriroman

今までは、、、

今までは、高い所にスプールをぶら下げた状態で、濡れ雑巾でラインを掴んでテンションをかけながらラインを巻いていました。

この方法でも、普通の釣りをするだけなら特に問題はありませんでした。

問題点

しかし、《オフショアジギング》などでドラグガチガチにした状態で大きい魚とファイトした際に、ラインスプールに巻いてあるラインの束の中にめり込んでしまう事が何度かありました。

こんな感じ↓

撮影 : tsuriroman

根がかりを外す時も、リールのスプールを抑えて後ろにさがるやり方だと、結構こうなってしまいます。

1度こうなってしまうと、、、

  • 次のキャスト時のライントラブル
  • ラインへのダメージ
  • スプールのラインの束に隙間ができる

など、様々なトラブルの要因になります。

こうならないようにするには、より強いテンションをかけながらラインキッチリ巻くしかありません。

そこで糸巻き機を探していた所、こちらの【スーパーラインマーキー】に出会いました!

第一精工 スーパーラインマーキー

撮影 : tsuriroman

一瞬気づきませんが、「マーキー」は日本語ですね(笑)

ネーミングに惚れました。

巻き替え

さて、早速使ってみます!

撮影 : tsuriroman

使い方はこんな感じ。撮影 : tsuriroman

ふむふむ。

とりあえず、アマゾンのレビューに「スプールが削れて粉が出る」と書いてあったので、夜ですが外でやります。

リール空スプール巻き取る

まずはリールに巻いてある糸を、空のスプールに巻き取ります。

私は、この作業は充電ドライバーを使って一瞬で終わらせます!

※真似しないで下さい。撮影 : tsuriroman

ミスるとリールが吹っ飛びます(笑)

※この空スプールに巻き取る時も、ある程度テンションをかけて巻き取りましょう。そうしないと、後で【スーパーラインマーキー】でスプールリールに巻き取る時に、糸が絡む事があります。

スプールリールへ巻く

それでは、ラインを巻き取ったスプールリール【スーパーラインマーキー】にセットし、糸を巻ーきーしていきます。

撮影 : tsuriroman

【スーパーラインマーキー】は、スプール部分が360度回転するので、常に一定のテンションで、糸よれせずに巻く事ができます。

※早く巻きすぎると、糸が絡む事があるので注意が必要です。

やはり多少が出ますね。撮影 : tsuriroman

ですが、リールやラインに粉がふりかかるほどではないので、特に問題はないです。

問題はですね。

巻き初めは大した音ではないのですが、巻いてるうちに「キーキーキーキー!

スプールのラインが減ってくるにつれて、だんだんと音が大きくなってきました。

「一体、どこまで音がデカくなるんだろう、、、」

と、不安を感じながら巻き続けていると、、、。

「換気扇が壊れたかと思ったよ〜!」と、キッチンから嫁が出てきました(笑)

近所迷惑になりそうなので、夜はやめておいた方がいいかもしれません、、、。

 

日を改めて、後日。

明るい時間帯に続きをやり、、、

完成!!!

撮影 : tsuriroman

キレイキッチリと、巻き替える事ができました!

これでライントラブルも減ることでしょう!

 

以上、おすすめの糸巻き機【スーパーラインマーキー】のインプレでした!

 


ほぼステラ!?嘘のコスパ最強リール【19 ストラディック】を使ってみた結果!?


オフショアジギング&キャスティングにおすすめの【PE・リーダー】号数・長さ解説も


コスパで選ぶ【オフショアキャスティングロッド】おすすめ11選!


簡単で最強!ノット・結び・結束はコレで決まり!


おすすめ!と言うか、ヒラマサ用ダイビングペンシルはこれだけでいい!


オフショアキャスティング/おすすめのコスパ【ルアー】5選!


超おすすめ!コスパ最強クーラーボックス/ダイワ【ク-ルラインa SU/S2500GF 】


釣り用【キャリーカート】おすすめ1選!安くて軽量コンパクト!


アブガルシア【オーシャンフィールド】を3年間使い倒した結果!?