ライトショアジギングに超おすすめのコスパ最強ロッド/ダイワ【ジグキャスター】96M

オススメ釣り用品

今回は、私が実際にライトショアジギングで3年間使い倒したロッド、ダイワ【ジグキャスター】96Mインプレをしたいと思います!

ライトショアジギングに超おすすめのコスパ最強ロッド/ダイワ【ジグキャスター】96M

アイキャッチ画像撮影 : tsuriroman

まずはスペックから

出典 : ダイワ

軽量・肉厚チューブラーを搭載したショアジギング専用ロッド

ショアジギングに求められるのは、まず第一に遠投性能。遥か遠くのナブラや、回遊を狙うため、出来る限り広い範囲を探るためには遠投性が必要。さらにジグキャスターは遠投性能のみならず、シャクリやすさも同時に追求した軽量肉厚チューブラー設計。小・中型青物狙いのライトショアジギングから、重量級ジグで遥か遠くのポイントを狙い撃つスタンダードなショアジギングまで幅広く対応するラインナップ。

トップガイドはSiCリング仕様。

ナイロンラインを使うことが多い釣り方ではあるものの、飛距離・感度からPEラインの使用も効果的。ジグキャスターは負荷のもっともかかるトップガイドにSiCリングを搭載。PEライン使用にもしっかり対応可能。

出典 : ダイワ

ジグキャスターは全6機種。

中型青物狙いの【ライトショアジギング】用〜本格的な大物狙いの【ショアジギング】用まで、多数ラインナップされています。

出典 : ダイワ

私が3年間使ってきたのは【96M】。

軽量なタックルで1日投げ倒すのが容易な【ライトショアジギング】に最適なモデル。

(60g)のジグまで投げられ、PE1.5号まで使えます。

実際に3年間使ってみて

撮影 : tsuriroman

飛距離

まずは、ショアジギングで1番大事な飛距離

かなりぶっ飛びます。

釣り場に居合わせたおじちゃんが「あっりゃ〜、、、こりゃ〜クジラが釣れるぞ〜ワッハッハ〜」と湾奥で言ってしまうくらいぶっ飛びます(笑)

相性が良いジグは30g〜40g前後。

100mくらいは普通に飛びます。

スペックMAXの(60g)のジグをフルキャストしても、竿が負けずに「ビシッ!」っと振り抜けます。

アクション

固めの竿なので、ジャークの入力もしっかりとルアーに伝わり、キビキビとルアーを動かす事ができます。

よく、同価格帯のメジャークラフト【ソルパラ LSJ】】と比べられますが、

  • ジグキャスター】は固めの竿。
  • ソルパラ】は柔らかめの竿。

と言った感じです。

これは好みが分かれる所ですね。

※自重は、【ジグキャスター】の方が若干軽いです。

強度

今までにこの竿で色々な魚を釣りました。

最大はボートでの【サワラ】ですが、魚に主導権を握らせることなく、余裕で寄せる事ができました。

撮影 : 友人K ※写真に写ってるロッドは違います

他にも40〜50cmクラスの【イナダ】【カンパチ】【シイラ】などを釣ってきました。

撮影 : tsuriroman

イナダが2匹ダブルで掛かった状態でブッコ抜きをしたりと、3年間かなり荒い使い方をしてきましたが、今も現役バリバリです。

まとめ

【ジグキャスター】は実売価格1万円前後と、価格帯で言うと入門ロッドの部類に入ります。

ですが、とても入門ロッドとは思えない性能で、見た目もカッコ良くて高級感があり、3年間使った今でも飽きずに愛用しています。

初心者から中級者にもおすすめできる1本です。

以上、【ジグキャスター 96M】のインプレでした!

撮影 : tsuriroman

ジグキャスター 96M 価格比較

写真に写っている、ジグキャスターと一緒に3年間使ってきたアブガルシアのリール【オーシャンフィールド 3000H】もおすすめです↓


【ジグキャスターMX】のインプレ!ジグキャスター無印との違い


コスパ重視の安い【ライトショアジギングロッド】おすすめ30選!


ライトショアジギング用【リール】おすすめ13選/シマノ編


ライトショアジギング用【リール】おすすめ15選/ダイワ編


ほぼステラ!?嘘のコスパ最強リール【19 ストラディック】を使ってみた結果!?


アブガルシア【オーシャンフィールド】を3年間使い倒した結果!?


ライトショアジギング/おすすめの釣れる【ルアー】3選!


超おすすめ!ライトショアジギング・エギングのスナップ【1選】


超おすすめ!コスパ最強クーラーボックス/ダイワ【ク-ルラインa SU/S2500GF 】


釣り用【キャリーカート】おすすめ1選!安くて軽量コンパクト!


沼津 御浜岬でショアジギング!シイラ・アカハタも!?